« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月15日 (日)

覚書:アレルギー治療

ジュニアのアレルギー
今月から特に酷くなっちゃたので、昨日Dr.に相談

以前から治療候補に上がっていたのが、インターフェロン
これね、免疫力を上げる治療で、注射投与
判定期間が週3回1ヶ月間
効果が薄ければ、期間を開けて再投与可能
若い子には7割効くデータでてるけどね
5歳以上の有効データがそもそもない
てか、アレルギー発症初期によく効くらしい

ずっとこの治療に踏み切れなかったのは…
残業があると週3回病院に行くのは、かなり難しいこと
7歳のジュニアには有効性が、かなり低いこと
風邪なんか引いたことないジュニア、免疫力が低いとは思わない
今以上に上げる治療が必要なのか?
極めつけはジュニア、注射が嫌いなのね(笑)
我慢して打たせてくれるけど、かなりのストレスなはず
緑色の診察台は緊張からくるストレスにより、フケで真っ白(-_-;)
前に隣が工事中だった時、ストレスで下痢しちゃったもん
アレルギーが治るより、体調が悪くなる可能性のが高い

今回提案された治療はインターフェロンとは逆の治療
免疫を下げる(抑制)方法で、シロップ状の口径投与
判定期間は毎日投与1ヶ月間
年齢に関係なく、有効性7割のデータがあるの
同じ免疫抑制治療のステロイドに比べ副作用がない
ただし長期服用(5年以上)の副作用データが存在しない
治療中、膿皮症になっても抗生剤と併用可能
薬に慣れるまで下痢嘔吐がでる可能性があるけど、一過性
何よりジュニア、食べる薬はオヤツ扱い(笑)
ジュニア向きな治療だなと思い、即決
『その治療やる!』

同じ時間に投与しないといけないこと
空腹時に投与する方が効果があること
てことで、翌朝から開始

治療開始:6月14日
薬:免疫抑制剤
量:0.25ml

覚書:アレルギー治療

甘くて旨かったらしく、薬を出すと頂戴攻撃(笑)


効くといいね〜
ずっと身体掻いてるもんね(-_-;)
先月、ラテを預かって再認識したよ

覚書:アレルギー治療


効くといいね〜ジュニア

| | コメント (5)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »